決済のご案内
振込は荷物到着後でOK!!
思い出の着物を生まれ変わらせリメイクして袋物に作り変えませんか?

きものは親から子へ子から孫へと受け継がれ、 いつまでも変わらずに、かけがいのない思い出の品です。 着物や帯はただの布ではなくて、先祖代々受け継がれてきた方々の 思い出や愛情、それを着ていた時の時代や気持などがたくさん詰まっています。 お母さんやおばあちゃんの愛着のあった着物をリメイクして持ち歩いたら、 あなたに着物を受け継いできた、先祖様も喜んでくれるのではないでしょうか?

着物の持つ上品さを損なうことなく、仕立替や形を替えて再生できるのがリメイクです。 どんなものがどんなふうにリメイクやできるかを紹介します。

箪笥の中や押入れの奥に眠らせているお着物や、シミが付いているからとあきらめていたお着物に手を加えることによって、再生できる事のお客様の喜びを一針づつ心を込めて仕上げてご提案しております。

着物や帯をお揃いのリビング用品やバッグなどに揃えられる方が増えています。バッグは、柄や生地使いによりお洋服でもお使い頂けます。お着物でお出かけになるのもよし、洋服でお出かけするもよし、もっともっと日頃のお出かけや同窓会などの集まりが楽しくなると思います。一度、お作りになってみてはいかがですか?

あなたも自分だけのオリジナルを作りませんか?お客様のアイデア次第で、色んな商品に活用できますので、 世界でたった一つのあなただけのブランドが作れると思います。

着物から和雑貨小物や洋服を作る時の基礎知識

布の状態を確認して下さい
古い着物など、確認すればするほどにしみや汚れ、肩の日焼けがございます。着物を開いた状態で見た目に汚れたり、擦れたりした部分がなくても布地を引っ張って弱くなっていないかを確認して見比べて下さい。

縫製部分をほどきます(一番作業の掛かる工程です)
ほどく際には当然の事ながら縫い目をほどいていきます。縫い目を左右に開きながら、少しずつ細かく切りながら丁寧にほどいてゆきます。 古い着物などは縫い目が布になじみ、糸のすべりが悪くなっているので引っ張ったりしないで布を傷めないように丁寧にほどいていきましょう。

素材からデザインを考えましょう
着物地にはシルクなどの柔らかい布から、帯のような硬い布まで種類がございます。 それぞれの生地に合ったデザインで考えていきましょう。

布の生地幅により作りたい製品を考えましょう
着物などは36cm幅が平均だと考えてください。狭く長さにも制限があります。 お考えの製品にならない場合はパッチワークや切り替えなどで別の着物や綿や麻生地を使用して、考えるようにしていきましょう。

型紙と裁断、それに印つけ
出来る限り、汚れや擦り切れて傷んだ部分を避けて型紙を並べていきます。どうしても避けられない場合は折り返しや縫製部分にもっていき、使用の際に一番目立たない部分になるよう心がけてください。
●柄の向きに注意する事。

●糸の向きに注意する事。
縦糸・横糸の打ち込みがございますので、着物などの素材が柔らかいものは、 縦横の生地の伸びる方向を確かめてから、型紙をすべて配置しましょう。 バックなど縦に伸びないように気をつけて下さい。

●型紙をすべて配置してから裁断するように注意する事。
柄合わせをしたり布の大きさに制限があるものもございますので、型紙をすべて配置し終えてから裁断していきましょう。

●印つけ
チャコなどで印し、ポケット、ボタン、合わせ目などの相対位置はキチンと解るように、必ず印しつけをしておきましょう。

ミシンなどで縫う時の注意点
柔らかい布で縫い目がつれる場合は紙などの薄紙を敷いて一緒に縫います。 布地の厚さに合わせて、針を選びましょう。

洗い方
布の状態によって、ドライクリーニングか水洗いかを決めます。 ドライクリーニング・水洗いできるものを選別しましょう。

アイロンをかける時の注意
必ずドライアイロンでかけます。 当て布の上からかけるようにして下さい。 水の使用などはシミになりやすい為、出来れば避けたほうが無難です。

以上の事をふまえまして、ご相談される方がよいと思われます。 お客様の判断により、最良のご使用を願っております。

着物からリメイクの製作工程紹介
おすすめ商品